相澤皮フ科クリニック
Rシリーズ開発秘話

 042-499-6171

衝撃でした。その瞬間、保湿の概念が変わったんです。

それはもうスーっと入っていくという…。まさにインパクトでしたね。数々の賞に輝き、バイオ業界では有名なネオケミア株式会社の開発した画期的な技術「熱力学的ドラッグデリバリーシステム(DDS)」のデモを見せられたときの衝撃は、今も鮮明にこの目に焼き付いています。これまでの美容液は、結局、表面につけるだけ。有効成分が表面から少しは入っていくんですが、すぐに流れ落ちてしまうので、どうしても奥までは届かない。ところが驚いたことに、このゲルマトリックス分子は角層の奥までしっかり浸透していくんです。さらに、そのまま角層内にとどまりゲルマトリックス層をつくることで、長時間に渡って保湿効果を発揮してくれる。言ってみれば、角層の中に水分を保ってくれる層を作ってしまうようなものです。普通なら美容液をつけてもすぐ乾いてしまいますよね。これは不感蒸泄といって、皮膚内部の水分が、角質層を通してどんどん蒸発してしまうことが原因なんです。ゲルマトリックス層は、この蒸発していく水分まで捉え、皮膚内にキープする作用も持っているため保湿効果が継続するんですね。外から水分をしっかり入れて、内からの水分も逃さない。こんな保湿基材、見たことありませんでした。

肌の奥にあるニキビの原因箇所まで、
しっかり成分が届く。


しかもそれだけじゃない。ゲルマトリックスは、中にイソフラボン等の成分を組み込んで角層まで持ち込み、そこで持続的に放出できるんです。これならニキビの発生源まで確実に成分を送り届けられるはず。すでに最先端の遺伝子治療にも応用されているこの技術との出会いは、私の美容液に対する概念を大きく変えました。そこでネオケミアと議論を重ね、私の長年のニキビ治療の知識とノウハウをDDSと融合させ、数々の実験を行った結果、ついに「アクネスRエッセンス」の開発に成功したのです。 ニキビの原因となる異常角化の発生場所は、ほぼ、表皮の下から1/3あたり。つまり、ここまで有効成分が届かないと意味がないんです。ゲルマトリックスは、まさに、その場所までいってイソフラボンを作用させるわけですから理論にピッタリ。これぞ「アクネスRエッセンス」の真骨頂です。


吸収されやすいアグリコン型イソフラボンが、
ニキビの根本原因、男性ホルモンにしっかり作用。


ニキビの原因は2つ、異状角化によるバリア機能の低下と男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌ですが、最近解ったことがあるんです。実はバリア機能低下のメカニズム自体にも男性ホルモンは作用している。つまり男性ホルモンさえコントロールすれば、保湿もコントロールでき、ニキビの根本原因をたたくことができると。ちょうどその理論に行き着いたころ、偶然ゲルマトリックスに出会ったんです。これなら女性ホルモン様成分であるイソフラボンを、ニキビの発生源までしっかりと浸透させ、ホルモンバランスを改善できますからね。しかもそれが、組織に吸収されやすいアグリコン型イソフラボンならさらにいい。そう考えると、このエッセンスはニキビ撃退だけでなく、いろんな作用が期待できるんです。女性ホルモンが減退する更年期の女性にはアンチエイジングの作用もあるし、イソフラボン白体に美白作用もある。トリプルの作用が期待できるんです。
ニキビ治療後の、肌のリペアにも新たなアプローチが。

ニキビ痕の修復もとても重要です。私たちも、メディカルエステで治療後のニキビ痕ケアを行っており、その中で炭酸ガスパックという手法を使っています。新しい細胞や肌を構成するアミノ酸やセラミド、コラーゲン等は、すべて酸素があって初めて作り出されます。呼吸した酸素は、ほとんどが脳や心臓など主要臓器で消費され、肌まで送り込まれるのはごくわずか。これを“炭酸ガス”によって一気に増大し、肌の奥から代謝を活性化するというスキンケアなんですが、非常に好評をいただきまして。そこで、ご自宅でも炭酸ガスパックをご利用いただけるよう開発したのが「アクネスRジェルパック」です。レーザー治療が流行っていますが、そこに高いお金を費やす前に、ぜひ声を大にして言いたいですね。“ちょっと待て、レーザー1回する前に、お試しください1カ月!(笑)”。炭酸ガスパックにしても、熱力学的DDSにしても、皮膚科学に精通した化学者が医療の現場を見つめ開発したもの。しかも、主な原料は食品添加物という驚くべき技術です。だからこそしっかり作用し、安心してお使いいただける。Dr'sコスメもいろいろですが、ここまで深く医学の視点に踏み込んだものは初めてでしょうね。